【魅惑アスリート】セクシークイーン大失態 規定違反で8打罰、傷心で棄権したアン・シネ26歳

 人気急上昇中の韓流美女ゴルファーが前代未聞の大失態を演じた。4試合ぶりの日本ツアーとなった10月22日閉幕の女子ゴルフ、NOBUTAグループ・マスターズGCレディース(兵庫・マスターズGC)で、第2日(20日)にセクシークイーンの愛称で知られるアン・シネ(26)=韓国=が前日(19日)、規定より1本多い15本で第1ラウンドを回ったことがスタート前に判明、スコアの誤記と合わせ、8罰打を加えられ、体調不良を理由を棄権した。

 第2ラウンドに向けた準備中のことだった。キャディーバッグの中身をチェックしていたアン・シネは、クラブが15本入っていることに気がついた。前日の第1ラウンドでは、クラブ超過の違反をしながらプレーしていたことになる。

 アン・シネは自ら競技委員長に申告。第1ラウンドがクラブ超過の違反で最初の2ホール各2打と4罰打となり、結果的にスコア誤記となるため、計8罰打を科された。

 これで、第1ラウンドの成績は14オーバーに訂正され、最下位の108位に。アン・シネは「20年間、ゴルフをやってきて初めて。あまりにもショックで、動揺して心臓もバクバクして、表現もできない状態」などと語り、第2ラウンドをプレーしないで、会場を後にした。とても、プレーできるような精神状態ではなかったに違いない。アン・シネにとって日本ツアーでは初の棄権となった。

 失態の背景はこうだ。普段から16本のクラブで練習しており、本番では状況に応じ14本のクラブを使い分けていた。ところが、今回からキャディーが韓国人から日本人に替わり、初めてコンビを組んだこともあり、意思の疎通がうまく行かなかったようだ。

 まさに、翌日の発覚は異例というか前代未聞の出来事。通常ならプレー中に気づくはずではあるが…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ