イチローが2018年へ早くも始動 44歳に休みなし「なぜ休みたくなるの?」

 【大リーグ通信】

 米大リーグ、マーリンズのイチロー外野手が10月22日に44歳を迎えた。球団が正式に身売りされ、チームの陣容がまだ決まっていない中で、来たるべき2018年シーズンへ向けて行動を開始していた。どんな意味が隠されているのか、それとも単なるルーティンワークの一つなのか。

 地元紙「マイアミ・ヘラルド」が誕生日直前、「44歳になるイチローは今季のマーリンズが終わった後も、スタジアムにまだ現れている」として、たった一人でクラブハウス内に特設されたトレーニングルームにこもって下半身のストレッチなど体を動かしていることを報じた。

 「スタントン外野手はメキシコ、ストレイリー投手はオレゴン、イエリッチ外野手はカリフォルニアに帰った。シーズン中はクラブハウスのあちこちでうるさかったのがウソのよう。みんな、2月に春季キャンプが始まるまでオフを楽しむ。ただ一人、イチローを除いては」

 トレーニングの内容は、打撃ケージでバットを振り、ボールを投げ、ウエートトレーニングを行う。いつもやることを愚直に続けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ