バンドーンは9番手に繰り上がり 決勝の暫定グリッド発表 日本GP

 国際自動車連盟(FIA)は7日、三重・鈴鹿サーキットで同日に行われたF1世界選手権第16戦日本GPの予選を受け、8日に行われる決勝の暫定グリッドを発表した。マクラーレン・ホンダは予選10位のフェルナンド・アロンソ(36)=スペイン=が規定外のパワーユニット機器交換で罰則を受け、最後尾20番グリッドに降格。予選11位のストフェル・バンドーン(25)=ベルギー=は繰り上がりで9番グリッドからスタートすることになった(グリッドは今後も変更の可能性あり)。

 ▼暫定グリッド

 1 ハミルトン(メルセデス)

 2 フェテル(フェラーリ)

 3 リカルド(レッドブル)

 4 フェルスタッペン(レッドブル)

 5 オコン(フォースインディア)

 6 ボッタス(メルセデス)

 7 ペレス(フォースインディア)

 8 マッサ(ウィリアムズ)

 9 バンドーン(マクラーレン)

 10 ライコネン(フェラーリ)

 11 ヒュルケンベルク(ルノー)

 12 マグヌッセン(ハース)

 13 グロジャン(ハース)

 14 ガスリー(トロロッソ)

 15 ストロール(ウィリアムズ)

 16 エリクソン(ザウバー)

 17 ヴェアライン(ザウバー)

 18 パーマー(ルノー)

 19 サインツ(トロロッソ)

 20 アロンソ(マクラーレン)

 【注】現状、規定外の機器交換で罰則を受けたのはサインツ、アロンソ、ボッタス、パーマー、ライコネンの5人。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ