巨人・松本、現役最後の雄姿を披露「いい人たちに恵まれた」

 プロ野球のファーム日本選手権は7日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われ、イースタン・リーグ覇者の巨人はウエスタン・リーグ覇者の広島に2-5で逆転負けし、2連覇を逃した。広島は初優勝。

 巨人は四回に3番・山本が左中間への適時二塁打を放ち、先制。六回には4番・岡本の左中間ソロで2-0とリードを広げた。

 守っては先発の今村が6回2安打無失点と好投したが、七回、2番手の高木勇が3安打と1四球で同点を許した。さらに一死一、二塁で高木勇からバトンを受けた森福が、坂倉に勝ち越し3ランを浴びた。

 また、今季限りでの現役引退を表明した松本は、八回二死から代打で登場し、広島・戸田の前に三ゴロに倒れた。ベンチに戻る際には客席から拍手と歓声が送られ、ユニホームで目元をぬぐった。そのまま九回は中堅の守備に就き、ファンに最後の雄姿を披露した。試合後はナインの手で8度、宙を舞い、「うれしい。いい人たちに恵まれた」と目を潤ませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ