日本2位、3連覇逃す チーム対抗戦のジャパンOP

 日本、欧州、北米によるフィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンは7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、三原舞依(シスメックス)本田真凜(大阪・関大高)宇野昌磨(トヨタ自動車)プロスケーターの織田信成さんで臨んだ日本は合計614.93点の2位で、3連覇を逃した。欧州が615.35点で優勝した。

 男女2人ずつがフリーを滑り、合計点を競った。女子では、三原が非公認ながら自己ベストを上回る147.83点で2位、本田は133.41点で5位。男子は宇野が175.45点で3位、織田さんは158.24点で4位だった。

 女子は世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が152.08点で、男子はハビエル・フェルナンデス(スペイン)が189.47点で1位だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ