広島、巨人破り初のファーム日本一! ルーキー・坂倉が逆転3ランで試合決める

 (ファーム日本選手権、巨人2-5広島、7日、宮崎)イースタン・リーグ優勝の巨人とウエスタン・リーグ優勝の広島が対戦。広島はドラフト4位の坂倉将吾捕手(19)=日大三高=が七回に放った逆転3点本塁打が決勝点となり、初のファーム日本一に輝いた。

 巨人は今村、広島は高橋昂が先発。試合が動いたのは四回だった。巨人は一死から吉川尚が四球を選ぶと、続く山本が左中間に適時二塁打を放ち先制。六回には二死走者なしから、岡本がファーム選手権で2年連続となるソロ本塁打を左中間に放ち、リードを広げた。

 広島は七回、この回からマウンドに上がった巨人2番手の高木勇を攻めた。先頭の堂林が左前安打で出塁するとすかさず盗塁。続くメヒアが四球を選び無死一、二塁とすると、小窪が左前に運び1点を返した。さらに二、三塁とし、美間が放ったのは三塁方向へのボテボテの当たり。投手の高木勇が捕球し、本塁へ送球も三走・メヒアの脚が勝り、同点に追いついた。

 続く下水流が三ゴロに倒れ、一死一、三塁となったところで、巨人ベンチは左投手の森福と投入。ルーキー坂倉は初球を強振すると、打球は右翼席に飛び込む3点本塁打となり5-2と逆転。これが決勝打となった。投げては辻、戸田、藤井の継投リレーで、リードを守りきった。

 2年連続でセ・リーグを制覇した1軍とのダブル日本一へ、若鯉が弾みをつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ