18歳のアンカー吉永が大仕事 最終コーナーで競り合い制す 準決勝決めた スピードスケート

 男子5000メートルリレー準々決勝で、アンカーとなった18歳の吉永が大仕事をした。準決勝進出が決まる2着をフランスと激しく争う中、最後のコーナーで鋭く内を突き、競り合いながら抜いてゴール。「相手が外に広がっていた。いいスピードで、いいコースを滑れた」と胸を張った。

 日本は第1戦の同種目で6季ぶりの表彰台となる3位。平昌五輪の出場権が懸かる中、今回も上位進出へ期待は膨らむ。吉永は「前回同様、上を狙えると思う」と力強かった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ