村上茉愛は4位、メダルならず 平均台での落下響く 女子個人総合 世界体操

 体操の世界選手権第5日は6日、モントリオールで女子個人総合決勝が行われ、予選首位の村上茉愛(日体大)は合計54.699点で4位に終わり、同種目の日本勢で2009年ロンドン大会銅メダルの鶴見虹子以来の表彰台はならなかった。

 モーガン・ハード(米国)が55.232点で初の金メダル、エルサベス・ブラック(カナダ)が0.100点差の銀メダル。杉原愛子(朝日生命)が53.965点で6位に入った。

 村上は跳馬で14.666点をマークして1種目目で2位発進したが、3種目目の平均台で落下して12.000点と失速した。最終種目の床運動で全体1位の14.233点をたたき出したが、3位のエレーナ・エレミナ(ロシア)に0.100点及ばなかった。予選2位のレーガン・スミス(米国)は本番前の足首故障で棄権した。

 ■村上茉愛の話「(予選1位で迎え)体操人生で一番緊張した。(平均台で)失敗しなければ1位を狙えた。まだまだ練習が足りないのかなと思った。種目別だけでも金メダルを取りたい」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ