阪神・金本監督、最終戦延期で腹くくった!CSへ「10・10」一発調整

 (セ・リーグ、阪神-中日=雨天中止、6日、甲子園)まさかの予定変更だ。阪神は6日、中日との今季最終戦(甲子園)が雨天中止となり、10日へ延期が決定した。これにより9日から3日間、1軍野手全員が予定していた宮崎でのフェニックス・リーグ参加は、急きょキャンセルに。金本知憲監督(49)は14日開幕のDeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(甲子園)に向け、「10・10」に一発調整することを決断した。

 全体練習を終えた直後の午後4時15分に中止が決まった。“宮崎合宿”は水に流れた。もう「10・10」しかない。金本監督が腹をくくった。

 「(宮崎には)いけないよ。(その間、実戦形式の練習は)いや、いらんやろ。(10日からCSは)4日後だろ。やらんでもいい、と思うけど」

 青写真はこうだった。1軍野手は全員が8日に宮崎へ出発。9日の巨人戦からフェニックス・リーグを3試合戦って、帰阪。14日から勝負のCSファーストステージ(DeNA)に備えるものだった。今回、先発投手や一部の中継ぎ投手は出場選手登録の関係もあって宮崎で調整するが、野手は残留。社会人チームなどとの練習試合はあえて組まず、一発調整にかけることにした。

 「(レギュラー全員、スタメンで)いかないとあかん。3打席ぐらい立ってもらわんと」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ