中日、投手陣の沖縄秋季C廃止…結果出ずわずか1年で

 中日が、11月の若手投手主体の沖縄秋季キャンプを1年で廃止することが6日、わかった。

 球団首脳は「今年は沖縄にいきません。この時期は名古屋も暖かい。それに、野手といっしょにナゴヤ球場での全体練習に参加させるほうがメリットが大きい」と説明した。

 昨年は4年目の鈴木、伊藤ら12人が沖縄・北谷球場で体を動かした。投手陣が沖縄で秋季キャンプを行うのは黄金期の2005年以来。森監督の発案だった。だが、鈴木はプロ初勝利を挙げるも5勝どまり(5敗)で8月下旬に左太ももを痛めて離脱。期待した若手のほとんどは殻を破れず、不調の吉見、大野に代わる人材は現れなかった。

 例年同様、森監督は新外国人探しのために渡米する予定。その前にナゴヤ球場で、若手投手の動きに目を光らせる。大忙しのオフとなりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ