60歳・湯原、3位浮上!ゴルフ部の生徒に監督がお手本/国内シニア

 日本プロシニア選手権住友商事・サミットカップ第2日(6日、茨城・サミットGC=6984ヤード、パー72)今年のシニアプロ日本一を決める大会。首位に4打差の5位から出た湯原信光(60)=岡藤HD、東京国際大=が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算6アンダーで首位に4打差の3位に浮上した。2位から出て66をマークした盧建順(57)=台湾=が通算10アンダーで単独首位に立った。

 東京国際大(埼玉・川越)ゴルフ部監督と二足のわらじをはく湯原が、3位に浮上した。

 出だしの10番(パー4)で2・5メートルを決めてバーディー発進。上がり2ホールは60センチ、1メートルにつけて連続バーディー締め。「メジャーのセッティングでボギーなし。いい内容」と振り返った。

 監督としては、9月の関東大学秋季対抗戦で同大男子をAブロックに昇格させ、今度は選手として奮起した。

 「理事長には『負けずに頑張ってお手本を見せてください』といわれた。立場を逆転したい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ