白井、進化の銅!内村からつないだ日本勢11大会連続表彰台 体操

 体操・世界選手権第4日(5日、カナダ・モントリオール)男子個人総合決勝が行われ、白井健三(21)=日体大=が、6種目合計86・431点で銅メダルに輝いた。7連覇を狙った内村航平(28)=リンガーハット=が予選で負傷棄権した大会で、2003年大会から続く日本勢の表彰台を死守した。2020年東京五輪で金メダル獲得を目標に掲げる21歳が、世界一2度の床運動、リオデジャネイロ五輪銅メダルの跳馬以外の種目も力をつけ、オールラウンダーへの進化を世界に印象付けた。

 「世界一」と自任する練習量が結実し、スペシャリストだった白井が総合力で勝負する個人総合の表彰台に立った。種目別で数々の栄光をつかんできたが、これまでとはひと味違う感慨を口にした。

 「一番、自分がやってきたことが詰まっているメダルです。日本の個人総合の面目は保てたかなという感じ」

 日本勢の11大会連続表彰台を決めた。得意の床運動、跳馬で高難度の技を決め、ただ一人の15点台。難度を示すDスコアの底上げや出来栄えの向上に努めた他の4種目も力を出し切った。鉄棒で今大会構成に入れた離れ技「屈身コバチ」に成功して全体6位の13・966点。ダビド・ベリャフスキー(25)=ロシア=がトップで迎えた最後の鉄棒で落下する幸運もあったが、緊迫した舞台で全6種目を大きなミスなしにそろえたことが大きかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ