阪神、CSローテ再編!能見でファーストS開幕浮上&メッセ2戦目へ

 (セ・リーグ、阪神-中日=雨天中止、6日、甲子園)クライマックスシリーズ(CS)ローテーション、変更へ-。阪神は6日、中日との今季最終戦(甲子園)が雨天中止に。右足腓骨骨折からの1軍復帰登板が流れたランディ・メッセンジャー投手(36)が、延期された10日に先発することが決まった。14日のDeNAとのCSファーストステージ初戦(甲子園)まで“中2・5日”となるため、2戦目への変更が濃厚。1戦目には能見篤史投手(38)が浮上した。

 3年ぶりのCS突破へ、ターニングポイントともいえる雨天中止だ。この日に先発後、中7日でCSファーストステージ初戦(14日)に向かうと予想されていたメッセンジャーだが、雨でプランに狂いが生じた。

 「投げさせるよ、10日。投げる、投げる」

 金本監督は帰り際、注目のメッセの次回登板日を、延期された10日と明言。ただCSについては「(14日まで間隔が)短いけど、ま、それはわからん。イニング数、球数とかによっては(登板日は)変わるだろうし。言えませんよ(笑)。CSは予告先発じゃないんやろ?」と言葉を濁した。

 8月10日の巨人戦(東京ドーム)での右足腓骨骨折は治癒しているとはいえ、病み上がりだ。規定投球回(143回)までも、あと4回。10月10日のナイターで4イニングを投げ、デーゲームの14日に先発した場合、中3日どころか“中2・5日”となってしまう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ