大谷「4番・ピッチャー」はメジャーで許されるか 獲得の決め手は二刀流の受け入れ態勢

 今オフにポスティングシステムを利用し米大リーグに移籍することが確実視される日本ハムの大谷翔平投手(23)は、本拠地最終戦となる4日のオリックス戦(札幌ドーム)にパ・リーグ史上初の「4番・投手」で先発。投げては最速162キロをマークし、2安打10奪三振完封で3勝目(2敗)を挙げ、打っては4打数1安打で先制のホームを踏んだ。こうなると、“メジャーでも二刀流”に半信半疑だったチームも真剣に検討しないわけにいかない。カネが決め手にならない大谷争奪戦は、二刀流をどのような形で受け入れるかがポイントになりそうだ。(片岡将)

 試合前のスタメン発表で「4番・ピッチャー、大谷」がコールされると場内は騒然となった。国内ラスト登板となることが確実な状況。さらに2リーグ制以降で「4番・投手」での先発は、1951年10月7日の阪神・藤村富美男(大洋戦)以来66年ぶりで、パでは初とくれば、ファンが熱狂するのも無理はない。

 「100を目指したらまだまだだけど、思うように体が動かない中でもゲームを作れたし、完封できたことはよかった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ