宮里優が首位守る 男子ゴルフ第2日

 ゴルフのツアーワールド・カップ第2日は6日、愛知県京和CC(7190ヤード、パー71)で行われ、初の賞金王を目指す宮里優作が68で回り、通算13アンダーの129で初日からの首位を守った。2打差の2位に岩本高志、大堀裕次郎が並んだ。さらに1打差の4位に片山晋呉、上井邦裕、香妻陣一朗が続いた。

 昨季賞金王で前年覇者の池田勇太は8位から23位へ後退し、前週優勝の小平智は44位。通算3アンダー、52位までの64人が決勝ラウンドに進んだ。70歳の尾崎将司が70をマークして国内レギュラーツアー2度目のエージシュートを達成したが、通算3オーバーの99位で予選落ちした。(出場119人=アマ6、雨、気温18・7度、北北西の風0・7メートル、観衆771人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ