巨人再建の切り札、吉村氏入閣へ!「不屈の天才」が野手に魂注入

 巨人が来季コーチングスタッフとして球団OBの吉村禎章氏(54)の招聘(しょうへい)に動き出すことが3日、分かった。担当は未定だが、1軍打撃コーチを務めた2011年以来、7年ぶりの現場復帰となる。2軍監督時代に新人だった坂本勇人内野手(28)を指導した。左膝靱帯(じんたい)断裂を乗り越えた不屈の男が、今季セ・リーグ4位に沈んだ巨人を変える。

 不屈の男が、世代交代に苦しむ古巣・巨人を救う。この夜、ヤクルト最終戦(神宮)に10-6で勝ち、今季は72勝68敗3分けで終了。11年ぶりの4位に終わり、導入11年目にして初めてクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。屈辱の現実を目の当たりにし、球団首脳は「今のチームには20代後半(の主力)がいない。坂本(勇人)しかいない。小林は社会人出身だしね。(若手が)伸びてこない。(原因は)4年前、5年前のチーム作りだと思っている」と分析する。野手の世代交代が進まないという現実。改革の一手として、球団が白羽の矢を立てたのが吉村氏だった。

 吉村氏はPL学園高から1982年に巨人に入団。87年に30本塁打を放つなど主軸として活躍したが、88年7月6日の中日戦(札幌市円山球場)の守備中に左膝靱帯(じんたい)断裂の大けがを負った。しかし、想像を絶するリハビリを乗り越えて復帰。活躍の場を代打に移しながら、欠かせない存在として巨人を支え続けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ