巨人・マギー、セ新記録のシーズン48本目の二塁打

 (セ・リーグ、ヤクルト-巨人、25回戦、3日、神宮)巨人のケーシー・マギー内野手(34)がセ・リーグ新記録となるシーズン48本目の二塁打を放った。

 この日、「4番・三塁」で先発した助っ人は、七回二死で迎えた第4打席、松岡から左翼線二塁打を放ち、2006年の中日・福留(現阪神)の47本を抜いてリーグ歴代トップに立った。日本球界最多は2001年のオリックス・谷がマークした52本。

 巨人に加入して1年目から結果を出したマギーは、第3打席では左翼席へ18号ソロを放っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ