清宮に伝えた直球愛!阪神・佐野統括スカウト「1位指名させていただく」

 虎が直球ラブコールや! 26日に開催されるプロ野球ドラフト会議の最大の目玉、早実高・清宮幸太郎内野手(18)が2日、東京・国分寺市の同校で、国内10球団との面談を行った。いち早く1位指名を公言した阪神は、佐野仙好統括スカウト(66)らが本人と両親に正式に1位指名を伝え、育成プランを披露。熱い思いをぶつけ、あとは運命の日を待つ。

 熱い思いは変わらない-。注目のプロ10球団の清宮詣で。東京・国分寺市にある早実高前には報道陣70人が集まった。午後3時42分。清宮との30分間の面談を終えた佐野統括スカウトは、一点の曇りのない表情で、はっきりと口にした。

 「1位指名させていただくということを本人にも伝えました」

 他球団のようにテレビカメラの前で多くは語らなかったが、このセリフだけで十分だった。清宮への思いは伝わった。

 オリックスを皮切りに8番目。畑山チーフスカウト、永吉スカウトディレクターとともに、清宮本人はもちろん、同席したラクビー・ヤマハ発動機監督で父の克幸氏、母・幸世さんと対面を果たした。

 「うちは、こんな方法で育てました」-。DeNAは筒香、ヤクルトは山田、そして西武は中村…。口説き文句として、高卒で入団して短期間で日本を代表する一流打者へと成長した選手の育成法などを説明したというが、虎は「1位指名」というド真ん中の直球を投げ込んでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ