楽天・則本、エースの意地 CS本拠地開催へ望み

 1点リードで迎えた六回2死満塁。西武の9番岡田をスライダーで空振り三振に仕留めると、楽天・則本は渾身のガッツポーズを繰り出した。6回を5安打1失点と意地を示し、今季14勝目。2位が条件となるCS本拠地開催へ、エースが望みをつないだ。

 「慎重になりすぎてしまった」と振り返ったように、球数は130球を要した。それでも直球の球威は最後まで衰えず、強打の西武打線から10奪三振。右腕は「苦しい試合を取れたのは大きい」とうなずいた。

 この日の勝利で2位西武と2ゲーム差に縮めた。3日の西武の先発は今季7戦7敗と苦手にする菊池。「何とか工夫してやっていく」と梨田監督は表情を引き締めた。(浅野英介)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ