オリ、清宮のメジャー挑戦容認か 長村本部長「すべて前向きに検討」

 プロ野球のドラフト会議(26日)を前に、2日から国内各球団と1位指名候補の早実・清宮幸太郎内野手(3年)サイドとの面談がスタートする。広島と、日程の合わなかった日本ハムを除く10球団が、2日に面談する模様だ。

 オリックスは2日の清宮との面談で、将来的なポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を容認する意向を示す考えだ。長村球団本部長は「向こうの要望に対して、すべて前向きに検討する」と語った。面談の出席者は森川球団本部長補佐と中川スカウトグループ長の2人。球団はドラ1位候補にJR東日本・田嶋大樹投手(佐野日大)ら投手中心にリストアップしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ