熊江琉唯が鎌スタで始球式も「次こそノーバン」

 日本ハム2軍本拠地、1日に鎌ケ谷スタジアムで行なわれたイースタン・リーグ、日本ハム-ヤクルト戦の始球式を2017三愛水着楽園イメージガールの熊江琉唯(22)が務めた。

 熊江は、ランニングを毎日欠かさず行っているバリバリのスポーツウーマン。長い手足を駆使して投げ込んだ投球は、ノーバンこそならなかったがショートバウンドで捕手・郡のミットに納まり、詰め掛けた3000人のファンから拍手喝采を浴びた。

 大役を終えた熊江は「スタンドにはたくさんの人がいてとても緊張しましたが、ボールはしっかり握れていたし、気持ちを込めて投げられたと思います。キャッチャーまであと少しのところで届かなかったのは残念ですが、またチャンスがあればぜひリベンジしたい。次こそノーバンで投げます」と清々しい表情。一方、9頭身美女の姿に見とれて、本拠地最終戦で選手紹介を噛んでしまった謎の二刀流キャラクター「DJチャス。」は、「まったくオレって奴は…って感じだけど、まあ、スタンドから温かい声援も飛んでいい始球式だったじゃないか。ちなみに12月3日はオフの一大イベント『鎌ケ谷ランフェスタ2017』もあるので、熊江さん、お時間があればぜひ鎌スタのランニングイベントの方もお願いします!」と早くもオフのゲスト獲得に向けて気持ちを切り替えていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ