張本氏、ロッテ・井口の引退試合に「最近の選手は幸せだね。私らはやってくれませんでしたよ」

 野球評論家の張本勲氏(77)が1日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。9月24日に行われたロッテ・井口資仁内野手(42)の引退試合のVTRを見て「最近の選手は幸せだね」と語った。

 番組では引退試合と試合後のセレモニーを放送。張本氏は「最近の選手は幸せだね。引退するときにあれだけ大騒ぎしてもらえるんだからね。私らはやってくれませんでしたよ。性格も悪かったし」。井口は来季のロッテ監督就任が決定的なことから「もっと幸せなのは、次も監督やらせてもらえるからね。だいたいこれぐらいの選手は辞めるとね、心配なんですよ。次は何をやろうか。(野球)解説は一握り、あるいはバーをやろうか、喫茶店やろうか…」などと引退する多くの選手の心境を代弁した。

 一方、セ・リーグでは前日9月30日に阪神のリーグ2位が確定。3位・DeNAと4位・巨人とは0.5ゲーム差でクライマックスシリーズ進出へのあと1枠を争っている。張本氏は「1番と2番は天と地の差がありますよ。ところが今回、3番と4番も天と地の差があるんですよ。4番になったらクライマックスも出れない。来年のキャンプまで給料も下がる、非難される」と指摘した。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ