タイトル争いは外国人独占の勢い 来季は日本選手しっかりしろ!

【スポーツ異聞】

 プロ野球のペナントレースはセパともに優勝チームが決まり。あとの興味はセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)進出争いと、個人のタイトル争いぐらいになってきた。

 ところが、その個人のタイトル争いすら興味を失いつつある。外国人選手にタイトルを独占されそうだからだ。

 中でも、セ・リーグの打撃部門は全滅の危機にある。首位打者は.314でマギー(巨人)がトップ。2位宮崎(DeNA)、3位大島(中日)と3人に絞られた形だが、コンスタントに打ち続けるマギーの優位は動かない。

 本塁打王は、35本のゲレーロ(中日)が有力だ。キューバ出身で、ドジャースで通算117試合に出場した実力派打者。日本のプロ野球1年目とあって、順応力に疑問符がついていたが、やすやすとクリアした。2位はシーズン60本の日本記録を持つバレンティン(ヤクルト)の31本。故障などで離脱を強いられながら、大台に乗せてくるあたりはさすが。3位はロペス(DeNA)の29本で、事実上、この3人に絞られたといっていい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ