巨人、10・2にも清宮と面談!球団社長&GM同席プランも

 巨人は29日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開催。10月26日のドラフト会議で1位候補の軸となる早実高・清宮幸太郎内野手(3年)との面談に、球団首脳が参加するプランが浮上した。

 巨人が未来の大砲候補に本気でアタックする。スカウト会議で、プロ志望届を提出した早実高・清宮との面談に、球団として参加することを確認。さらに岡崎郁スカウト部長が驚きのプランを明かした。

 「GMや社長も、場合によっては出る可能性はあるでしょうね」

 岡崎部長と担当の福王昭仁スカウトだけでなく、石井一夫球団社長、鹿取義隆GMら球団幹部の面談同席も示唆した。高校通算111発のスラッガーに対し、異例ともいえる“清宮シフト”を引き、直接出馬で熱意を伝えたい考えだ。

 早ければ10月2日に実現する面談では、育成方針や施設の詳細などが話題の中心になるとみられる。ラグビートップリーグ、ヤマハ発動機監督の父・克幸氏が同席する可能性もあり、岡崎部長は「質問に答える準備はしておきたい」と説明した。

 競合は確実で、指名すれば高橋由伸監督が就任後、初めてくじを引くことが有力だ。指揮官は「実力はずば抜けたものがある」と高く評価。自らの手で引き当てられるかにも注目が集まる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ