侍J・稲葉監督、清宮の五輪意欲に「出たいと口に出してくれたことがうれしい」

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉監督が26日、アジア選手権に出場する社会人代表の練習を視察。「コミュニケーションが大事。アジアの一番になってほしい」と激励した。また、プロ志望を表明した早実高・清宮について言及し「プロのスピードに慣れて頑張ってほしい。3年後の代表入りは十分に可能性がある。(会見で)五輪に出たいと口に出してくれたことがうれしい」と話し、プロ入り後の来春のキャンプを視察することを明言した。 (等々力)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ