選手会が巨人・山口俊問題で再要請 球団に処分見直し交渉求める

 日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)は25日、巨人・山口俊投手(30)が東京都内の病院で酒に酔って警備員にけがを負わせて、出場停止や罰金、減俸などを科されたことに対し、処分見直しの交渉に応じるよう球団に文書で申し入れたと発表した。

 10月3日までに回答がなかった場合は、東京都労働委員会に不当労働行為救済を、公正取引委員会には違反の申告・調査をそれぞれ申し立てるとしている。また日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーにも、巨人の処分に協約違反などがなかったか、調査を行うように要請した。

 選手会は、総額1億円以上の罰金が重すぎる上、契約解除をちらつかせて複数年契約の見直しに同意させたのは野球協約や独占禁止法に違反すると主張。8月下旬に要望していた回答がなかったため、労働組合である選手会と交渉するよう求めている。

 巨人は今月4日の実行委員会で、処分は妥当との見解を示している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ