清宮、「12球団OK」の本音 夢はその向こうの大リーグ…日本球界はあくまでステップの場?

 「はいっ!」

 22日に都内で会見しプロ志望届の提出を表明した早実・清宮幸太郎内野手(3年)は、代表質問で「12球団OKか?」と聞かれて反射的に答えたものの、微妙なニュアンスの言葉を続けた。

 「まず(本当にプロ選手に)なれるかどうかわからないのでアレですが、自分を本当に厳しく指導していただいて、成長させていただける球団に行きたいと思います」

 プロ志望届を出しても、ドラフト指名後に入団を拒否する権利がなくなるわけではない。

 清宮が「米国に直接行くということはもともと考えていなかった」とした上で、「自分の夢(米大リーグ)は変わっていない。次の(日本)プロの世界で目の前の目標をクリアしていくことで先につながっていく」と明言したことは今後、重要なポイントになり得る。

 2009年には菊池雄星投手(花巻東高=現西武)が、ドラフト前に日米20球団(日本12、米国8)と面談して熟考した結果、高卒即米球界挑戦を断念した例がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ