真央さん、27歳のバースデー「やりたいことが少しずつ決まってきた」/フィギュア

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストでプロスケーターの浅田真央さん(27)が25日、東京都内でCMに出演したJA全農にいがたのイベントに出席。「やりたいことが少しずつ決まってきた」と、今後の活動の方向性が固まりつつあることを示唆した。

 真央さんは、稲穂をイメージしたクリームイエローのオーバーオールに白米をイメージした白いブラウス姿で登場。自身が出演し、首都圏や近畿圏、中京圏などで26日からオンエアされる「新潟米コシヒカリ」のCMの発表会で、会場では田んぼのあぜ道を自転車で走る姿などをとらえた映像が映し出された。

 米のご飯が大好きで、現役時代には1日3食白米を食べていた真央さんは、撮影で初めて新潟を訪れたそうで、「たくさんの方が温かく迎えてくださり、新しくふるさとができたと思った」。撮影時には「田んぼの近くで地元の皆さんと、できたてのおにぎりを食べたのが印象に残っている」と笑顔で振り返った。

 この日はちょうど、真央さんの27歳の誕生日。イベントでは米粉で作ったバースデーケーキも贈られ、「これを新たなスタートとして、いろんなものを見たり、チャレンジしたりできたら」と前向きに話す。

 今年4月の引退発表会見のころは「これから何をすればいいのかと悩んでいた」というが、半年が過ぎて「ようやくやりたいことが少しずつ決まってきている。それに向けて、27歳の1年間は、ゆっくりではなく走り抜きたい。ワクワクしている」と目の前が開けたという。ただ、その内容については「5歳でスタートを始めて、ずっとやってきて、スケートとともに歩んでいくのかと感じているが、はっきりしたものはない。決定したら皆さんにご報告したい」と明らかにはしなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ