西武・山川がプロ入り初の20号! 3位・楽天と3ゲーム差に広げる

 (パ・リーグ、西武8-5オリックス、25回戦、オリックス14勝11敗、24日、メットライフ)西武が打ち勝った。四回に4番・山川穂高内野手(25)の20号ソロなど効果的に点を重ねた。先発・高橋光成投手(20)は6回2失点で3勝目(4敗)。3位・楽天がソフトバンクに敗れたためゲーム差を3に広げた。

 西武は、0-1で迎えた三回。無死満塁とすると、秋山の併殺崩れの間に同点。続く源田の適時二塁打で逆転に成功した。四回には山川がプロ入り初の20号に到達するソロ本塁打、さらに中村、外崎、呉の3本の適時打で一挙4点を挙げた。

 五回には浅村が19号ソロ、七回には山川が適時打を放ち1点ずつ追加し、突き放した。

 終盤に救援陣が崩れて3点差とされたが、逃げ切った西武。5月以来の1軍マウンドとなった高橋光は一回に失策絡みで得点を奪われたが、その後は粘りの投球。6回2失点で3勝目を挙げた。

 節目の20号を放った山川は「どうしても打ちたかったホームランだったので、よかったです。すごく嬉しいです。(調子は)絶好調だと思います」と喜んだ。白星を挙げた高橋光は「本当ここに戻ってこれてうれしいです。後半はバテてしまいましたけれど、この回を抑えればという気持ちで振り絞って投げました」と安堵の表情を浮かべた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ