プロ表明の早実・清宮、鷹ドラフト1位指名確実!?王会長「欲しい」

 ソフトバンク・王貞治球団会長(77)が23日、ヤフオクドームで取材に応じ、前日22日にプロ志望を表明した早実高・清宮幸太郎内野手(3年)について「欲しいよね」とラブコールを送った。10月26日のドラフト会議での指名をにおわせる発言もあり、高校の後輩でもある超大物スラッガーの選択を歓迎した。

 楽天戦を見るためヤフオクドームに到着した王会長の表情がほころんだ。清宮のプロ入り表明について問われると、決断を大歓迎した。

 「欲しいよね。技術もネームバリューもある。18歳だけど、チームの中に入れば、すんなりいきそうな雰囲気」

 1位指名を明言したかのような、“ラブコール”だ。これまでも「プロで通用する」と評価してきた早実高の後輩でもある大砲の選択を、「プロはチャレンジしがいがある」と支持。自身が持つ世界記録の868本塁打を目指すと清宮が話したことも「そういうところを目標に持っていけるのは大したもの。われわれなんか、目標は全然持っていなかった。頑張ってほしい」とたたえた。

 「何球団くらい、きそうなの?」

 まるで指名を前提とした口調で、会話がはずんだ。競合時の抽選についても笑顔で言及。「工藤監督の方がくじ運がいい。(自分が)そんなことをして外れたら、一生言われてしまう」。昨年は5球団競合で田中正義(創価大)、2年前は3球団競合で高橋純平(県岐阜商高)を当てた指揮官に託した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ