阪神が引き当てる!清宮、ついにプロ入り表明 金本監督「くじ行くよ」

 虎の清宮、金本監督が引き当てる!! 歴代最多の高校通算111本塁打を放った早実高の清宮幸太郎内野手(18)が22日、東京都内で記者会見し、プロ志望を表明した。早くから1位指名の方針を固めていた阪神は金本知憲監督(49)が即座にラブコール。10月26日のドラフト会議では最大9球団競合する可能性があるが、くじ引きに強い意欲を示した。

 まばゆいばかりのフラッシュが注がれる中、清宮が堂々と大きな夢への挑戦を宣言した。

 「私、清宮幸太郎は、プロ野球志望届を提出することに決めました。ここ早実野球部3年間で、次の大きな夢へ挑戦するべきだと確信に至りました。自分の夢は大学へ行くにしろ、プロ野球選手だった。野球に一番集中できる環境ということでプロを選んだ」

 プロ入り後に通信制の大学で学ぶことも「考えていないです」と退路を断ち、壮大な夢を語った。理想の選手像に早実高の大先輩である「世界の王」ことソフトバンク・王貞治球団会長(77)を掲げた。

 「お会いしたり、プレーを見たりして、ずっと憧れを持って野球をやってきた。いずれは(王氏が持つ世界記録の)868本を目指せるような選手になりたい。むしろ目指さなきゃいけないという使命感がある」と闘志をたぎらせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ