早実・清宮幸太郎会見詳報(5完)「見ている方をプレーで幸せにしたい」

 --プロに進むU-18日本代表の仲間とともに頑張りたいか

 「もちろん大切な仲間なので、みんなで頑張りたい」

 --意思を表明してすっきりしたか

 「友達とかにも『大学とプロ、どっち?』とかずっと聞かれていたので、すっきりしたと思うが、ここからプロを目指す夢がある。その厳しさ、やっていけるかという不安もある。これから厳しい世界で自分を鍛錬できれば」

 --リトルリーグでの世界一はどんな経験だったか

 「あそこから自分の人生は大きく変わった。今思えば、あの経験が自分にとって大きなものだった」

 --プロ野球ではどんな選手になりたいか

 「高校時代からたくさんの方に球場に足を運んでいただいて、応援していただいた。ものすごくそれが自分の力になった。プロ野球選手になっても、たくさんの方に応援していただけるように、逆にプレーで見ている方を幸せにさせてあげられる選手が、あるべき姿だと思っている。自分の理想像はそれ」

 《清宮幸太郎選手は約30分会見に応じ、一礼して会場を後にした》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ