早実・清宮「自分を厳しく指導していただいて成長させていただける球団にいきたい」

 高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を放った東京・早実高の清宮幸太郎(18)が22日、東京都内で記者会見し、プロ志望を表明した。清宮との一問一答は以下の通り。

 --プロ志望を表明した理由は

 「野球に出会ってから目の前の目標や、手の届く夢をかなえることに幸せを感じてきた。小さい頃は試合に出る喜び、ライバルとの対決に勝つ喜び、負ける悔しさを学ぶ普通の野球少年だった。しかし年を重ねるうちに一つずつ夢のステージが上がっていくことを実感し、早実野球部3年間で次の大きな夢へ挑戦するべきだという確信に至った」

 --今後の目標は

 「プロの世界の厳しさは十分に理解しているつもりだが、より高いレベルに身を置き鍛錬し、努力することで目の前の目標を一つ一つクリアしたい」

 --複数の球団が1位指名を検討している

 「自分を本当に厳しく指導していただいて、成長させていただける球団にいきたい」

 --あこがれの選手は

 「早実の先輩でもある王貞治さんにあこがれを持って野球をやっていきた。いずれは868本を目指せるような選手になりたい」

 --プロでの目標は

 「プロ野球で活躍することに小さい頃からあこがれていた。目の前のことを一つ一つ、自分の中でクリアしていければ」

 --両親の反応は

 「自分の選んだ道を応援してくれるということだった」

 --メジャーへの思いは

 「自分の夢は変わっていない。プロの世界で一つ一つ目の前の目標をクリアしていくことで、先につながっていくという確信がある」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ