巨人、自滅で4位転落

 巨人がミスを連発して大敗。投手、野手ともにお粗末な内容で、「どっちもどっち」と高橋監督。試合のなかったDeNAに単独3位を譲り、4位に転落した。

 致命的だったのは四回。先発の吉川光が2者連続押し出しなど“独り相撲”で降板。2番手・田原も流れを止められず、2本塁打を喫した。「結果がすべて。チームに申し訳ない」と吉川光。この回までに10点差がつき、巨人ファンは続々と帰路についた。

 四回には野手の怠慢な守備もあった。捕手・小林の二塁への送球を遊撃手の坂本勇が捕球できず。中堅にボールが転がる間に走者を三塁まで進めた。「(坂本)勇人が止めないといかん」と村田ヘッドコーチ。大量失点につながった拙守に、首脳陣も頭を抱えた。

 勝利への覇気が感じられず、5位の中日に2連敗。クライマックスシリーズ(CS)進出に向け、痛い後退となった。(浜田慎太郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ