西武・辻監督、手痛い敗戦も「あした、あさって勝てばいい。楽天も必死でしょ」

 (パ・リーグ、西武3-6ロッテ、23回戦、西武16勝6敗1分、19日、メットライフ)2位・西武はロッテに3-6で敗れ、3位・楽天との差が2ゲームとなった。

 「併殺が3つ。良い当たりもあって不運だったね。あした、あさって勝てばいい。向こう(楽天)も必死でしょ」

 敗れたが、試合後の辻監督は前を向いた。先発の岡本が五回途中4失点でKO。七回に源田の適時打で1点差に詰め寄ったが、直後の八回に3番手の牧田が3長短打で2点を失った。

 打線もロッテを上回る12安打を放ったが、3併殺と拙攻。4番の山川は五回に遊ゴロ併殺に倒れるなど3打数無安打で、「もっと振り切るべきだった」と反省した。

 18日はソフトバンクを相手に今季最多の20安打を放ち、最大7点差を逆転して2試合連続のサヨナラ勝ち。いいムードで最下位に沈むロッテを迎えたが、手痛い黒星となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ