でかしたDeNA倒!D2位ルーキー・畠7回0封で巨人3位死守

 (セ・リーグ、巨人6-1DeNA、25回戦、巨人15勝9敗1分、17日、東京D)巨人は17日、DeNA最終戦(東京ドーム)に6-1で快勝。同率で並んでいた相手に1ゲーム差をつけ、単独3位となった。先発したドラフト2位・畠世周投手(23)=近大=が五回まで無安打投球するなど7回無失点で6勝目(2敗)を挙げ、対DeNAは3戦全勝。五回には中前適時打を放ってプロ初安打&初打点もマークし、投打に活躍した。

 若い力が東京ドームでまばゆいばかりの輝きを放った。主役は畠だ。試合後のお立ち台。13歳上のベテラン、村田と並び立ったルーキーに、万雷の拍手が降り注いだ。

 「負けられない戦いなので、やってやるぞという思いでいきました」

 序盤、伸びのある直球で圧倒し、後半はカーブやチェンジアップで緩急をつけて相手打線を手玉に取った。五回までは無安打投球。5四球は与えたが7回2安打無失点と好投した。六回二死二、三塁では4番・ロペスから空振り三振を奪い、右拳を握りしめて叫んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ