巨人・畠、7回無失点で6勝目 CS争いのライバルねじふせる

 クライマックスシリーズ(CS)進出をかけた目下の宿敵を、巨人・畠がねじ伏せた。「初回からとばしていこうと思った」と、ペース配分などお構いなし。DeNA相手に五回まで無安打投球を披露した。7回を2安打無失点で6勝目を挙げるとともに、プロ初安打初打点もマーク。まさに「畠デー」だった。

 一回から全力疾走した分、イニングを追うごとに疲れの色は見えた。初安打を許した六回は1死二、三塁のピンチ。この日最大の山場を迎え、全身全霊で腕を振った。筒香を三ゴロに仕留めると、ロペスは外角への直球で空振り三振。「自然と出た」という雄たけびをグラウンドに響かせた。

 いつにも増して力が入ったのには理由がある。相手先発は同じルーキーの浜口。しかも9勝を挙げている新人王候補だ。「同期には絶対負けたくない気持ちはあった。相手より先にマウンドを降りてたまるか、と」。ふだんの柔和な表情からは想像もつかないほど、内面には熱いものがある。

 初勝利から約2カ月で6勝。しかもDeNAから3戦3勝と、CS進出に向けた救世主ともいえる存在だ。

 CSへの思いを聞かれると、「投げさせていただきたい。チャンスをいただきたいと思う」。ボリュームが上がった声には自信がこもっていた。(浜田慎太郎)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ