宮里藍が通算1オーバーで現役生活に幕 米女子

 エビアン選手権最終日(17日、フランス南東部エビアン、エビアン・リゾートGC=6479ヤード、パー71)27位から出た宮里藍(32)=サントリー=は2バーディー、4ボギーの73、通算1オーバーで現役生活に幕を閉じた。

 日が差し込んだエビアン。ピンク色のウエアで最後のラウンドに臨んだ宮里は最終18番(パー4)のグリーンに向かう途中、ギャラリーの拍手に手を上げて応えた。軽いフックラインのパーパットを沈めると、手を振る。その瞬間、涙がこぼれた。

 ホールアウトするとサプライズだ。ゴルフ界を代表するレジェンド、81歳のゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)が花束を持って出迎えた。宮里は笑顔で「サンキュー!!」と抱擁を交わした。

 今季のメジャー最終戦。宮里は前半のアウトを1バーディー、2ボギーの36で折り返した。バックナインは10番(パー4)と14番(パー3)でボギーをたたいたものの、15番(パー5)でバーディー。ピンチを迎えても安定したパッティングは健在。16番(パー3)、17番(パー4)はパー。最終18番(パー4)もパーで締めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ