巨人・坂本勇、“新兵器”長~いバット振って不振脱出だ!

 巨人・坂本勇人内野手(28)が、DeNA2連戦に臨む16日から“新兵器”を導入することが15日、分かった。

 9月は11試合で打率・156と不振の主将が手に入れるのは、先端部分にスポンジが装着された全長1・5メートルの「レベルスイングバー」(ミズノ社製)。スイング時にヘッド(先端)が落ちないように修正し、腕の力だけでなく、全身を使う感覚を取り戻すための練習器具だ。

 12日の阪神戦前、甲子園の室内練習場で阪神から借りたのがきっかけだった。専用スポンジボールでティー打撃を行い、普通のバットと持ち替えながら試すうちに「(レベルスイングバーを)振ったあとにバットを持ったら、扱いやすくなる」と好感触を得た。すぐに契約するミズノ社へ注文した。

 チームは13日に3位に浮上。一方で、坂本勇は8月から続く不振を抜け出せずにいる。CS進出&2位奪取へ負けられない終盤戦。“虎の穴”で見つけた逸品で、打棒を復活させる。 (谷川直之)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ