巨人・由伸監督、阪神との3連戦「負けなかったのをよしとする」

 (セ・リーグ、阪神2-2巨人=延長十二回規定により引き分け、22回戦、巨人12勝8敗2分、14日、甲子園)先発の菅野が一回に2失点。終盤に何とか追いつき、2位・阪神との3連戦を1勝2分けで終えた。「追いかける方なので全部勝たなくてはいけないが、負けなかったのをよしとする部分はある」と高橋監督。4時間3分の熱戦を引き分け、一定の評価を与えた。阪神とは5・5ゲーム差のまま。16日からは、1ゲーム差の4位・DeNAとの2連戦(東京ドーム)が待つ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ