ダルビッシュ9勝目! 守備でも魅せて7回3安打無失点

 ドジャース4-1ジャイアンツ(13日=日本時間14日、サンフランシスコ)米大リーグ、ドジャースのダルビッシュ有投手(31)がジャイアンツ戦に先発し、7回を3安打無失点5奪三振。レンジャーズ在籍時と合わせ、8月11日以来となる9勝目(12敗)を挙げた。

 ダルビッシュは一回、先頭のペンスに二塁内野安打を許すと、次打者の一ゴロで一死二塁とする。続く3番・スパンの打球は強烈なピッチャー返し。これをダルビッシュが足元で好捕し、飛び出した二走を二、三塁間で挟殺。さらに二塁を狙った打者走者を二塁で刺し、自らの好守備でピンチを脱した。

 二回二死から6番・ハンドリーに右前打を浴びたものの後続を打ち取り、この回も無失点。三回から六回まではいずれもジャイアンツ打線を3者凡退に切ってとった。七回は先頭の2番・パーカーに右前打を許したが、一死後、4番・ポージーの遊撃後方へのフライを左翼・ヘルナンデスが走り込みながら捕球。ヘルナンデスはその勢いで一塁に鋭く送球、ハーフウェーから帰塁しようとした一走を刺した。ダルビッシュは八回に代打を送られ退いた。

 好投のダルビッシュをドジャース打線も援護。一回にベリンジャー、フォーサイスの連続適時打で先制。五回には5番・ベリンジャーが右翼場外へのスプラッシュヒットとなる37号2ランを放ち追加点を挙げた。チームは連敗を11で止めたあと2連勝となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ