コロシアムをライトアップして祝福、28年のロス 「11年間の準備期間」「先の話で…」 夏季五輪

 【ロサンゼルス=中村将】「LA 2028」。1932年と84年のロサンゼルス五輪で開会式を行った「ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム」は開催決定前の13日未明からライトアップされ、「11年後の開催」を祝福した。

 ロサンゼルス五輪組織委によると、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長はIOC総会の後、ロサンゼルスに移動。17日に同コロシアムで行われる米プロフットボール(NFL)のラムズ対レッドスキンズ戦に招待され、過去の五輪で使用された聖火台に点火する式典に臨む。

 IOC総会に出席したロサンゼルスのガーセッティ市長はツイッターで「正式に決まった。世界を“天使の街”に迎えるのが待ち遠しい」とつぶやいた。76年のモントリオール五輪の競泳で4つの「金」を獲得したジョン・ネーバーさん(61)は「素晴らしい。実現したんだ。11年間準備する期間を与えられた開催都市はどこにもない」と米メディアの取材に語った。

 市民にもおおむね歓迎ムードが広がったが、「先の話で実感がわかない」といった反応も少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ