巨人・マイコラスが7回無失点で13勝目

 (セ・リーグ、巨人6-1ヤクルト、21回戦、巨人13勝8敗、10日、東京D)巨人が快勝した。先発のマイコラスが7回を投げ8三振を奪うなど2安打無失点で13勝目(6敗)を挙げた。打線も二回に先制点を奪うと、その後効果的に点を重ねた。

 主導権を奪ったのは二回。巨人は無死一、三塁と相手先発の成瀬にプレッシャーを与えると、長野の一ゴロの間に三走・阿部が生還した。四回は二死三塁で長野のゴロを三塁手・リベロが悪送球し、2-0とした。

 巨人は七回に阿部、村田、長野の3者連続適時打で3点を追加。八回に登板したマシソンが1点を許したが、その裏に坂本勇の中前適時打で1点を加え、駄目を押した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ