野球U-18日本代表 韓国に敗れ決勝逃す 日本、カナダとの3決へ 清宮「自分がもっと打っていれば…」

 野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)は9日、カナダのサンダーベイで2次リーグが行われ、初優勝を目指した日本は韓国に4-6で敗れて決勝進出を逃し、3位決定戦に回ることになった。10日正午(日本時間11日午前1時)から地元カナダと対戦する。2次リーグは、1次リーグの成績を一部持ち越して行われ日本は2勝3敗。

 日本は0-3の二回、失策と西巻(宮城・仙台育英)の適時打などで追い付いた。しかし、その裏に先発田浦(熊本・秀岳館)が2点を失い、二回途中5失点で降板。その後は韓国の投手陣に抑えられ、六回に古賀(福岡大大濠)の犠飛で1点を返すにとどまった。

 決勝は4連覇を狙う米国と、2次リーグ2位の韓国が対戦する。

 ■日本・清宮主将の話

 「ずっと言っているけれど、自分がもっと打っていれば…。自分たちの力が100パーセント出せなかったことが悔しい。(日本と世界との差は)トータルで力負けしているなと思う」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ