日本は韓国に敗れカナダとの3位決定戦へ 無安打の清宮「申し訳ない。自分たちの持てる力を100%出し切れなかった」/U-18

 U-18W杯2次リーグ(9日、韓国6-4日本、カナダ・サンダーベイ)日本は韓国に4-6で敗れ、決勝進出を逃した。1次リーグの成績を一部持ち越した結果は2勝3敗となり、10日(日本時間11日午前1時試合開始予定)のカナダとの3位決定戦に回ることになった。決勝には米国と韓国が進んだ。

 試合後のインタビューで、主将の清宮(早実)は悔しさをにじませた。負けられない韓国戦だったが、4打数無安打1三振。「自分が1回も出塁できなかったり、申し訳ないなというところがすごくあります。(韓国の投手は)日本に近いタイミングでしたし、ボールは見やすかったので打ち損じが多かった。自分たちの持てる力を100%出し切れなかった」と唇をかんだ。

 日本はこの日、今大会好調の左腕・田浦(秀岳館)を先発マウンドに送ったが、一回に3点を奪われた。それでも直後の二回、西巻(仙台育英)の左前適時打などで3点を返し、同点に追いつく。しかし、その裏に田浦が押し出し四球を与え、代わった左腕・川端(秀岳館)も3番のカン・ベクホに適時打を浴びて3-5とリードされた。

 韓国は四回に1点を追加。日本は六回に古賀(福岡大大濠)の左犠飛で1点返したが、打線がつながらなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ