清宮、高校通算111号も空砲…痛恨カナダに再逆転負け U-18

 U-18W杯2次リーグ第8日(8日=日本時間9日、ポートアーサー)2次リーグ第2戦で日本は、カナダに4-6で逆転負けした。主将の清宮幸太郎内野手(早実3年)が五回に中越えのソロを放ち、自身の持つ高校通算最多とされる本塁打を「111」に更新。しかし、W杯2本目のアーチは空砲に終わった。1次リーグの成績を一部持ち越すため、日本とカナダは2勝2敗。4戦全勝の米国は10日(同11日)の決勝への進出を決めた。

 逆風を切り裂いた大飛球に、地元カナダのファンで埋まった球場が静まりかえった。

 「全然当たっていなかったので、何とかしたい思いがあった。ギリギリ入ってよかったです」

 今大会2本目の本塁打に、清宮はうなずいた。2点を追う五回二死の第3打席。131キロの直球を捉え、117メートルの中堅フェンスを越えるアーチを描いた。

 この一発が打線に火をつけ、六回には逆転に成功した。しかし、直後の七回に3点を奪われて再逆転を許すと、反撃の余力はなし。清宮も八回二死一、三塁のチャンスで二ゴロに倒れ「4番として、主将としても、あそこで打ってナンボ」と悔しさをにじませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ