野球U-18日本代表、豪州にサヨナラ勝ち 延長十一回タイブレークで W杯2次リーグL初戦

 野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)は7日、カナダのサンダーベイで2次リーグが行われ、日本はオーストラリアに延長十一回タイブレークの末、4-3でサヨナラ勝ちした。1次リーグの成績を持ち越すため2勝1敗となった。オーストラリアは3敗。

 日本は2度のリードを追い付かれ、延長十回から無死一、二塁で開始するタイブレークに突入した。十回はともに無得点。十一回を3番手の田浦(熊本・秀岳館)がしのぎ、裏の攻撃で1死満塁から3番安田(大阪・履正社)が中前適時打を放った。

 6チームで争う2次リーグは、1次リーグとは別組の3チームと戦う。日本は8日にカナダ、9日に韓国と対戦。10日に決勝、3位決定戦が行われる。

 ■日本・清宮主将(東京・早実)の話「こういう試合がしたかった。今までで一番楽しかった。みんないい顔をしていて、頼もしかった。自分が打っていれば、簡単な試合だった。切り替えて次に進みたい」

 ■日本・小枝監督の話「投手陣が頑張ってくれた。田浦が一番難しいところを踏ん張った。この勝利で勢いが出るんじゃないか。(安田は)ここのところ安定していた。頼りにしていた」

 ■オーストラリアのフィッシュ監督の話「勝てるチャンスはあったが、ものにすることができなかった。細かいプレーを正しくできるかどうかの差が出た。日本の投手はどのようなカウントでも思うようなボールを投げてくるのが印象的だ」(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ