稀勢の里は朝稽古休み、病院で検査 横綱休場に沈みがちな田子ノ浦親方

 大相撲の稀勢の里関が所属する東京都江戸川区の田子ノ浦部屋には、朝から20人近い報道陣が駆け付けた。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が朝稽古中にもかかわらず、部屋の外に自ら出てきて対応した。「今場所は厳しいということ。休場です。本人とも話し合いました」と沈みがちな表情で明言した。

 稀勢の里関は朝稽古を休み、師匠によると、病院で検査を受けたという。二所ノ関一門の連合稽古などで調整していたが、秋場所には間に合わなかった。田子ノ浦親方は「稽古を見ても、今までの内容とは全然違っていた」と心配そうな口調だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ