また藤平が楽天連敗止めた!プロ1勝に続きチームの苦境救う18歳ルーキー

 (パ・リーグ、日本ハム1-6楽天、19回戦、楽天13勝6敗、5日、富山)楽天は5日、日本ハム19回戦(富山)に6-1で勝利。8月23日のロッテ戦(ZOZOマリン)から続いていた連敗を「10」(1分け挟む)で止めた。先発したドラフト1位、藤平尚真投手(18)=横浜高=が7回1安打無失点で今季2勝目(2敗)。ルーキーの好投が、チームを苦境から救った。

 最後の力を振り絞った。七回二死二塁。パ・リーグ本塁打1位(29本)のレアードへの藤平の109球目は、決め球のスライダー。左翼・岡島が飛球をキャッチすると、マウンドの背番号19は右の拳を握りしめた。

 「うれしいです。ノーヒットノーラン? 片隅にはあったけど、0点に抑えるのが一番大事。嶋さんのミットを目がけて思い切り投げました」

 七回先頭の松本に左翼線二塁打を許し、岩隈(マリナーズ)も田中(ヤンキース)も達成できなかった球団初の無安打無得点試合は逃したものの、7回1安打無失点の快投。自己最長の7回で最多の8三振を奪った。

 脳裏には、3日のソフトバンク戦で先輩の則本が流した涙があった。「テレビで見ていた。あれがきっかけになった」。自身が8月22日のロッテ戦で挙げた初勝利を最後に白星から遠ざかっていたチームの連敗を「10」で止めた。1勝目も連敗を「6」で止めたものだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ