責任果たした徳山壮磨 7回1失点の好投 野球U-18日本代表

 日本は徳山が7回2安打1失点と好投し、開幕投手の責任を果たした。ボールの滑りから生命線の制球が乱れ、四回に押し出し死球で1点を失ったが、その後はきっちりと立て直した。強気の内角攻めも光り、「チームを勢いづけられた」と誇らしげに言った。

 左腕が多い投手陣にあって、右投げの徳山は先発の柱として貴重な存在だ。小枝監督は「内角球が抜けてしまう中で修正した。さすが、選抜で優勝した投手ですね」とたたえた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ